被害者も加害者も不幸にするのが交通事故

交通事故の悲惨さについて

交通事故というのはとても悲惨なものです。
まず、被害者について考えてみてください。

被害者の問題

例えば、車と人の衝突だとしましょう。
被害者は、何も過失がないのにもかかわらず、命を落とさなくてはいけなかったり、手や足を失ってしまったり、また、頭に障害が残ってしまったりします。
これはとても悲惨なことといえるでしょう。

被害者家族の問題

また、被害者の家族も大変心に傷つきます。
突然家族を失ってしまった気持ちは、何者にも比べられないほど大きいです。
それに、障害が残ってしまった場合は、一生面倒を見ていかなければなりません。
被害者と、被害者家族はこういったやるせない悲しみや、苦しみを一生背負っていかなければならないのです。
交通事故というのはとても悲惨なことなのです。

加害者の問題

また、加害者の場合も同じです。
人を轢いてしまったということは、最悪相手を殺すことになりますし、また、一生障害を負わせてしまうこともあります。
こういった罪悪感や、申し訳なさを背負っていくのです。
加害者もまさかこういったつもりでやったわけではないので、苦しみも大きいのです。
また、事故ですから、起こってしまったものは取り返しがつきませんし、それに償おうとしてもその人の命や、手足が戻るわけではないのです。
償いに限界があるのです。

悲惨だからこそ事故の重大さの認識が必要

交通事故というのは、ちょっとしたことでおきてしまいます。
少しスピードを出しすぐ手しまったり、信号無視をしてしまったり、飲酒運転をしてしまったりということです。
そのときは軽い気持ちだったのでしょうが、結果としては、取り返しのつかないことになってしまいます。
本人の心がけひとつで悲惨な結果を回避できるのもまた事実です。
一人ひとりがルールを守れば悲惨な事故は起こらなくてすむのです。